身近なスイッチを知ろう!

部屋別、スイッチの選び方

部屋別、スイッチの選び方

スイッチはどの部屋にも使用される物ですが、部屋によって設置するスイッチを変えることによってより便利な暮らしを獲得することができます。まず、トイレやクローゼットに設置する照明器具は物理的なスイッチよりも人感センサーを使用したスイッチの方がとても便利です。

トイレおよびクローゼットは入っている時間が比較的少ない空間となっています。一度照明を消し忘れると長い間放置されてしまい、電気の無駄遣いとなってしまいます。そこで人感センサーを使用することによって入るときに電気が付き、部屋にいないときは自動的に照明を消してくれます。

普段の部屋にも使用することはできますが、長い間動かないと自動的に消灯されてしまうので注意が必要です。玄関に入ってすぐの照明には熱線センサーを使用すると効果的です。熱線センサーは熱を感じることによってスイッチのオン、オフを切り替えるものです。家に帰ってきた際、手荷物や買い物袋で手がふさがっている場合、スイッチをつけることが困難であると思います。

そんなときに熱線センサーであれば手を当てるだけで電源を入れることができますので、両手がふさがっているときでも安心です。スイッチにもオン、オフの切り替えを行う一般的なものに加えて、押しボタン式のものなどもあり、使い易さに応じて選ぶことができます。インテリアとしても利用することができますので、スイッチの利用方法はまさに無限大であると言えます。