身近なスイッチを知ろう!

スイッチ設置のポイント

スイッチ設置のポイント

スイッチはあれば良いという物ではなく、適した場所に付けることによってその効果を発揮するものです。今回は一般的なスイッチの設置について紹介していきます。まず一般的な照明用スイッチの設置場所に関してです。照明用のスイッチは床面より110cm~120cmが最も適した場所であると言われています。

ただし、高齢者に配慮した住宅である場合はそれよりも20cm程度低くすることをお勧めします。また、家の照明などのスイッチは暗くてもスイッチの場所が分かるように表示灯が付いたものを使用すると良いと思います。玄関先の照明には感熱式のスイッチを利用することで手がふさがっていても照明を付けることができます。

浴槽など一定時間しか入らない場所にはタイマー式のスイッチがとても効果的です。スイッチを押すのが面倒であったり、体の不自由な人にはリモコン式のスイッチを設置すると良いと思います。物によっては普段は壁スイッチとして使用できるものもあります。また、スイッチには寿命があり、点検の目安はおよそ10年であると言われています。

使用頻度が高かったり、ほこりが多い場所で使用していたりするとスイッチも限界を迎えます。10年を目安に専門の方に点検をお願いすることをお勧めします。他にも防犯対策のために定期的に室内灯を点灯させる機能などを有するものもあり、必要に応じて設置することができます。スイッチ一つの設置方法を変えるだけで暮らしはずっと良くなるかもしれません。