身近なスイッチを知ろう!

スイッチの仕組み

スイッチの仕組み

スイッチとは私たちの身近な場所にたくさん存在するものとなっていますが、実際にその仕組みについて理解している人は少ないと思います。ここではスイッチの仕組みについて紹介していきたいと思います。スイッチの定義は外部からの力によって機械的に電気信号の切り替えを行う部品のことを指します。

仕組みについては至って簡単で、スイッチがオフになっているときは回路の接点が離れているために電気が流れないためにランプが点灯せず、オンの場合は接点が繋がっているために回路もつながり、電流が流れてランプが点灯します。これが一般的なスイッチとなっていますが、これを応用することによってさまざまな用途に使用されることになります。

例えば2つのランプを並列につなぎ、スイッチを切り替えることによってどちらか一方のランプを点灯させることもできます。これは切り替え機としての用途となります。家庭だけでなく、工業用などでもスイッチは利用されており、大きさや耐久性など用途に合わせたスイッチが作られています。

家庭で使用される電球のスイッチなどは操作速度などをあまり気にする必要がない一方で、工業用などに使用される物は精密な作業となるために操作速度などが重視されます。また、スイッチは外部からの圧力により切り替えを行う性質上、耐久性というものも存在します。スイッチには寿命があり、耐久性を気にすることも製品を選ぶ上では重要ということになります。