身近なスイッチを知ろう!

スイッチリフォームで節電しよう

スイッチリフォームで節電しよう

自分の家をリフォームする際にスイッチについても気にしてあげることによって、より良い生活を送ることができる上に、節電対策にもなります。今回は家庭で利用される様々なスイッチについて紹介します。まず節電関して最も気になる部分はトイレの電気です。

どうしてもトイレの電気というのは消し忘れが目立ってしまいます。そんな時には人感センサーを搭載した照明器具を搭載してみるのも良いと思います。人感センサーは人の気配を感じることによって照明のオン、オフを切り替えるものです。部屋に入れば電気が付きますし、部屋から出れば電気が消えるので、トイレの他にも短い時間しか滞在することのないクローゼットなどにも利用できるスイッチとなっています。

また、人感センサーの他にも熱線センサーと呼ばれる物も存在します。

こちらは夜、自宅に帰ってきたときに買い物などで手がふさがっている際、スイッチが押せなくて電気がつけられないと感じている人にお勧めです。人の熱を感じてオン、オフを切り替えるので両手がふさがっていても安心の設計です。その他にもリモコンにより照明を切り替えるものなどもありますので、自分が最も使いやすいと感じた物を選ぶと良いです。電気の付け忘れくらいでとあまり気にしない方もいるかもしれませんが、長い間節電をすることで電気代もお得になりますし、なにより環境のためにもなります。スイッチリフォームは簡単にできますので、興味がある方は一度設置してみるのも良いと思います。